テトラサイクリン系の感染症治療薬ミノマイシン

ミノマイシンは細菌が原因で起こる様々な薬に処方されるテトラサイクリン系の抗生物質です。

 

 

グラム陽性菌・陰性菌、マイコプラズマやクラミジア、リケッチアなどの多くの細菌に有効で、他の抗生物質では効果がない細菌に対しても有効なため、多くの症状に処方されています。

 

 

抗生物質は耐性がついている細菌も多いため、これまでは効果があった薬が効果がなくなるということも起こりますが、ミノマイシンは耐性を持っている細菌が少ないという特徴もあります。

 

 

ミノマイシンの副作用として、腸の中の細菌も殺菌してしまうということがあります。

 

 

腸内細菌は腸の健康を保つ働きがあり、免疫機能などにも関係していると言われています。

 

 

その腸内細菌も殺菌してしまうので、便秘や下痢になってしまったり、長期間飲み続けると腸だけではなく身体全体の健康にも影響が出てしまう可能性があると言われています。

 

 

また、飲み合わせに注意が必要な薬も多く、カルシウム剤や鉄剤、胃腸薬と同時に飲むとミノマイシンの効果が低下してしまったり、抗凝血薬のワルファリン、強心薬のジゴキシン、リウマチの薬のメトトレキサート、血糖降下薬などの作用が出過ぎてしまい、副作用が強く現れてしまう可能性があるため注意が必要です。