ニキビ、マイコプラズマ、クラミジア等の感染症を治療する内服薬

ニキビは毛穴が古い角質や皮脂が詰まることによって引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。

 

 

皮膚の病気ですので皮膚科での治療が可能です。そのときの治療として使われる内服薬のひとつがミノマイシンになります。
ニキビの原因のひとつは皮膚の常在菌であるアクネ菌などの増殖です。

 

 

ミノマイシンはこのような細菌に有効で、ニキビの原因菌を殺菌する効果があります。

 

 

ほかにも、細菌による感染症であるマイコプラズマやクラミジア、リケッチア、慢性気管支炎などに有効です。

 

 

正式な適応症ではありませんが、特殊な使い方としてリウマチにも応用されます。

 

 

いろいろな細菌に効果的なのが特徴の薬で、各科で幅広く用いられています。

 

 

副作用として、めまいや胃の不快感などがありますが、酷い場合には医師に相談することが大切です。

 

 

使用するときには、用法用量を守って服用していきます。症状や年齢、製薬剤によって用法用量は異なってくるため注意が必要です。

 

 

牛乳や乳製品と一緒に飲むと吸収が悪くなってしまうため、2時間以上間隔をあけるようにします。

 

 

クラミジアやニキビなどの病気によっては治療期間が少し長くなります。

 

 

そのため自分の判断で飲むのを止めてしまうと再発したり、治りにくくなることもあるため勝手に薬を飲むのを止めることはさけます。