抗生物質ミノマイシンンでアクネ菌を抑えてニキビを治療する

ミノマイシンは、ニキビ治療にもよく使われる薬です。

 

 

人間には作用しないけれども、細菌に対してだけ毒性を発揮する抗生物質です。

 

 

細菌はひとつの細胞でできているため、増殖するには分裂しないければなりません。

 

 

新しい細胞を作るためにはたんぱく質が必要です。

 

 

たんぱく質は人間にとっても細菌にとっても、細胞を作って生体を維持するために必須の要素です。

 

 

たんぱく質を作る器官はリボソームと呼ばれていて、ミノマイシンは細菌のリボソームに対してだけ阻害作用を発揮します。

 

 

すると細菌はたんぱく質を作れなくなり、細胞の原料が得られなくなるので、増殖できなくなります。

 

 

あとは体の免疫システムによって細菌が攻撃されて、感染症が治っていきます。

 

 

ニキビではアクネ菌という細菌が悪化原因になりますが、この細菌のリボソームのたんぱく質合成を阻害することで、ニキビの治りをはやくさせることができます。

 

 

免疫力が低下しているなどの状態では感染症は放っておいても治らないことがあるので、抗生物質が有効になります。

 

 

それと同時に、免疫力を向上させることも感染症治療では大切です。

 

 

免疫力アップのためには、腸内環境を整えてあげることが有効だと言われています。