ニキビや性感染症の治療に使われています

ミノマイシンはミノサイクリンを有効成分にした抗生物質で、細菌による感染症の治療に用いられます。

 

 

抗生物質ではペニシリンやセフェムなど有名な系統もありますが、ミノマイシンは静菌的に作用するテトラサイクリン系となります。

 

 

細菌が増殖するために必要なタンパク質合成を初期の段階で阻害することで、発育が抑制されて増殖することを防ぎます。

 

 

静菌的に作用するとしましたが、ミノサイクリンを高濃度で投与することで殺菌的な作用を示すこともあります。

 

 

適応菌種はグラム陽、陰性菌、クラミジア、リケッチア、マイコプラズマなどに作用し、さらに細菌とは異なるマラリア原虫にも有効なことが知られています。

 

 

梅毒や旅行者下痢症などにも利用されるほか、多くの適応症があるので幅広い治療に用いられるのがミノマイシンですが、特に使用されるのはマラセチア菌によって炎症を起こしたニキビに対してです。

 

 

皮膚科などで良く処方されていることから、身近な抗生物質となっていますが、最近では頻繁に使用することで耐性菌を作ってしまい、上手く作用しないのが問題視されています。

 

 

気軽に使えるものほど、処方された分を最後まで飲みきらなかったり、誤った服用方法を実行することが多いので、有効的に使用するためにも正しい用法用量を守ることが大切です。