皮膚感染症や咽頭炎、肺炎を治療するお薬です

ミノマイシンは抗生物質の一つで、細菌の生育に必要なたんぱく質生成を阻害して細菌の増殖を抑える効果が期待できる薬です。

 

 

また、利用する量によっては体内に増えてしまった細菌を死滅させる効果も期待できる薬となっています。

 

 

一般的には皮膚感染症や咽頭炎、肺炎等に利用する事が多く、さらに尿道炎や膀胱炎等にも利用する事があります。

 

 

ニキビの治療等にも利用される事があり、内科だけでなく皮膚科でも処方される薬です。

 

 

ただ人によっては副作用が起きてしまう事があります。

 

 

その照応としては日光の刺激を感じやすくなる症状や痒みを感じるという事です。

 

 

こういった症状が出た場合は使用し続ける事によってより強い作用が出る可能性もあるため、直ぐに使用を中断して医師に相談します。

 

 

また長期利用をする事によって肝臓に負担がかかり肝障害等が起きる可能性もあるため、定期的に肝機能の状態を検査します。

 

 

基本的に食後に利用する薬となっていますが、服用の詳細については医師の指示を守ります。

 

 

また自己判断で中止したり減量した場合、体内にある細菌がミノマイシンに対して耐性を付けてしまったり症状が悪化してしまう可能性もあるため、処方された量は全て服用します。