抗生物質ミノマイシンで皮膚感染症や性感染症を治療する

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質です。

 

 

ニキビなどの皮膚感染症や、クラミジアによる性感染症など幅広く使われています。

 

 

細菌感染の治療では、体内に存在する細菌を排除すればよく、免疫の働きが重要になります。

 

 

これを補助するのが抗生物質です。

 

 

細菌の機能を抑えられれば、免疫が細菌を退治してくれるので感染症が治っていきます。

 

 

抗生物質は、細菌に対して毒性を発揮することがポイントです。

 

 

人間に対してまで毒性を持ってしまわないように、細菌だけに効くようにします。

 

 

細菌はひとつの細胞からできていて、増殖するためには分裂する必要があります。

 

 

人も細菌も細胞はたんぱく質からできています。

 

 

たんぱく質を作る器官をリボソームと言います。

 

 

人間と細菌ではリボソームの形が異なるので、これを利用して細菌にのみ作用する抗生物質を作ることができます。

 

 

ミノマイシンは、細菌のリボソームだけを狙い撃ちして阻害して、たんぱく質が合成できないようにして、細菌の増殖を抑えます。

 

 

様々な細菌に対して効果を発揮し、特に黄色ブドウ球菌に対して高い抗菌力があります。

 

 

肝臓、腎臓、肺などの各臓器に移行するため、抗菌力に優れています。皮膚感染症のニキビにもよく使われる薬です。